トレーニングにおいての関節可動域時、完全伸展を行った場合、関節が伸び切った状態になり、

骨格で身体を支持するときは筋肉に刺激が伝わらないので、関節の伸展運動ではロック・アウトを避け、

筋肉に一定の刺激が加わり続けるように行います。

医学的いも、ウエイト・トレーニングの時には、完全伸展や完全屈曲は危険です。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です