病態

椎間板の退行性変化が基盤となり、その変化が周辺組織に影響を及ぼし、

脊髄、神経根、交感神経を刺激・圧迫して様々な症状を呈します。

分類としては、機能不全期、不安定期、再安定期

原因

・加齢変化

・姿勢や動作

症状

・局所症状(頸部痛、項部痛、肩こり)

・神経根症(頚、肩、腕の疼痛、上肢への放散痛や手指のしびれ感、

上肢の筋委縮、筋力低下、知覚異常、腱反射の異常)

・脊髄症(手指のしびれ感、手指の巧緻性障害、歩行障害、四肢の知覚異常、上肢及び下肢の腱反射異常)

評価

・病態の把握

・姿勢の評価

・動作の評価

治療

・左右の椎間関節の関節面を整える

・胸腰筋膜の左右差を整える

・胸郭の正中化を促す

・頭部と胸郭の軸の感覚的に統合する

・他部位との運動連鎖を考慮する

合併症

・頚椎症性神経根症

・頸椎症性脊髄症

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です