肩関節周囲炎(五十肩)

肩関節の種類

・肩甲上腕関節

(上腕二頭筋、回旋筋、三角筋、大胸筋、広背筋、大円筋、烏口腕筋)

・肩峰上腕関節

・胸鎖関節

・肩甲胸郭関節

(肩甲上腕リズム、前鋸筋、僧帽筋、肩甲挙筋、菱形筋、小胸筋、鎖骨下筋)

・肩鎖関節

(外側四辺形間隙)…上腕骨・上腕三頭筋長頭・大円筋・小円筋からなるスペースを

外側四辺形間隙(外側腋窩隙)と呼び、三角筋と小円筋を支配する腋窩神経が通る。

病態

・上腕二頭筋長頭腱炎

肩関節の屈曲、外転、外旋で肩に疼痛が見られる。

スピードテストやヤーガソンテストが陽性。

・肩峰下滑液包炎

外転時に腱板が肩峰と大結節に挟まれ、烏口肩峰靭帯に圧迫される。

→脊柱後湾が増強すると起きやすい。

・肩関節腱板炎

炎症が肩峰下滑液包だけでなく、腱板にまで波及することによる。

・石灰沈着性腱板炎

腱板の血行不良部位にピロリン酸カルシウムが沈着して石灰化し、

急性炎症症状を呈し、拍動性の安静時疼痛をきたす。

ステロイド注射を行って消炎を図ります。

・五十肩

段階別

①freezing phase:

安静時や夜間の疼痛が出現

②frozen phase

①の疼痛が徐々に軽減するが、ROMが制限される。

③thawing phase:

疼痛はほぼ消失し、ROMが回復していく

・烏口突起炎

上腕二頭筋短頭、烏口腕筋、小胸筋、烏口肩峰、烏口鎖骨、烏口上腕靭帯が付着し、

烏口突起炎の単独発症は少ない。

・肩関節拘縮

軟部組織の伸張性低下や持続的な筋収縮により、ROM制限を呈する。

パンピング療法やヴァイトブレヒトにより、ROMを改善する。

ブロック注射を用いることが多い。

評価と治療

・疼痛部位の評価

(圧迫部位、整形外科テスト〔「ストレスとテスト、インピンジメント症候群【ニア―徴候、ホーキンス徴候、ペインフルアーク徴候】後方インピンジメントテスト、ダウバーン徴候、初期外転テスト、エンプティカンテスト、肩関節下垂位外旋テスト、45゜拳上外旋テスト、ガーバーリフトオフテスト〕、腱板機能評価、肩甲胸郭安定性評価(MMTテスト。ROM評価)、モビライゼーション、姿勢評価、動作分析

治療

・肩関節回旋筋に対するアプローチ

・肩関節胸郭関節に対するアプローチ

・体幹に対するアプローチ

・肘関節・前腕に対するアプローチ

・肩甲上腕関節周囲炎に対するダイレクトストレッチ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

変形性頚椎症